八升豆を理解して健康に役立てよう

ドーパミンを増やす八升豆を上手に使って自由に歩き回れ、思い通りに動く身体を作りましょう。そしてグッスリ眠ってすがすがしい朝を迎え毎日を笑顔で過ごしましょう。

八升豆の食べ方の注意点

八升豆は、心と身体の元気にするドーパミンのもとになる天然Lドーパやチロシン、フェニルアラニンを含みしかも心と身体を休ませるセロトニン、メラトニンとかかわりが深いトリプトファンを含みます。安心、安定の健康維持のためにはとても良い食べ物ですが、タケノコやわらびなどと一緒でアクがあるので生で食べてはいけません。生や半生の状態で食べると胃腸を痛める心配があります。煮るか炒めるかでアク抜きをして食べましょう。

 

ドーパミン

 

八升豆を煮る

一昼夜水に浸して柔らかくしてから煮ます。さらに水を足して加熱調理します。圧力鍋なら時間がかからずに便利です。長時間加熱するとアクは完全に抜けますがLドーパが分解されてしまいますのでちょうど良い時間を知るには試行錯誤が必要です。Lドーパの摂取を目的にしないなら調理時間を気にする必要はありません。

 

水に浸しておくと水が真っ黒になりますが、この豆の特徴なので気にしないこと。

 

ドーパミン

八升豆を炒める

フライパンに必要量を入れて豆粒ひとつひとつを転がすようにじっくりと炒めます。皮がむけて中の豆の色が茶色くなって来れば出来上がりです。強火で一気に仕上げようとすると焦げてしまいますので根気が必要です。また、仕上がりの状況は試行錯誤で体得するしかありません。

 

ドーパミン

@ パーキンソン病等でLドーパの薬を服用している人

八升豆は天然のLドーパを含みます。これは薬のLドーパとは若干違うようですが、基本的な部分は一緒ですので同時に服用すると相乗効果で効きすぎる場合が考えられます。その場合は八升豆を使用するのを止めて様子を見ましょう。使用にあたってはお医者さんに相談することをおすすめします。

 

A 妊娠中の人
八升豆の成分が強すぎる場合があるので利用する場合はお医者さんと相談しましょう。
B 乳幼児
八升豆の成分が強すぎる場合があるので利用する場合はお医者さんに相談しましょう。

 

C 透析を受けている人
八升豆の成分の一部が透析に影響を与える場合があるのでお医者さんに相談しましょう。
D 向精神薬を服用している人
八升豆の成分の一部が強く作用する場合があるので専門医に相談しましょう。

 

八升豆は良く効くので薬との兼ね合いなど気になる場合は積極的にお医者さんに相談しましょう。

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗