八升豆を理解して健康に役立てよう

ドーパミンを増やす八升豆を上手に使って自由に歩き回れ、思い通りに動く身体を作りましょう。そしてグッスリ眠ってすがすがしい朝を迎え毎日を笑顔で過ごしましょう。

八升豆はどんな人に良いのか

八升豆は「ドーパミンを増やす豆」ですので「ドーパミンが足りなくて困っている人」が多く利用しています。八升豆を食べることでドーパミンのもとを体に取り入れることが出来るのでドーパミンが増えて問題点の改善に役立つと言われています。

 

具体的には、
@ パーキンソン病に苦しむ人
パーキンソン病は、脳内のドーパミンが不足することによって手足が震えたり、歩きだしたくても最初の一歩がなかなか出ない症状が出たり身体がギシギシいうような感じで硬くなったりします。ドーパミンが不足するとなぜそういう症状が出るのかということについては、ドーパミンは脳の指令を身体全体に伝える神経伝達物質なのでそれが不足することで指令が十分に伝わらなくなるからだと説明されています。

 

A パーキンソン症候群に悩む人
この病気の症状はパーキンソン病に似ているためにこのような呼び名になっていますが、原因はパーキンソン病とは違うこととその病気そのものが直接の原因の一次性と直接の原因にはなっていない二次性があります。

 

ドーパミン

 

B むずむず脚症候群で夜も眠れない人
むずむず脚症候群はドーパミンと鉄分の不足によって神経が過敏に反応してムズムズした感覚を覚える症状です。ベッドに入って寝入ろうとしたタイミングで脚の内部に発生するのが典型的な例です。しかし、その症状は神経がある場所ならどこにでも発生する可能性があり、肩や背中、脇腹などに出る人もいます。皮膚の表面ではない手の届かない内部であるためにまったく物理的な解消方法のない症状です。不眠症から精神障害に至る場合もあるようです。

 

C 瀬川病の人
瀬川病は大変珍しい病気ですがドーパミンが少ないために発症します。極端に少ない場合は歩くことはおろかまともに体を動かすことが出来なくなります。ドーパミンが足りない理由は、パーキンソン病の場合と違い、ドーパミンの直接の原料になるLドーパを体内で作れないからだと説明されています。Lドーパさえ供給されればドーパミンを作ることができるので八升豆を食べること自由にで歩いて運動できるようになります。

 

D 高血圧の人、静脈瘤の人
八升豆の利用者の間には高血圧が改善された、静脈瘤が消えたという話があります。これはどうやら八升豆のもっている成分の何かが血管を拡張して血流を良くする機能を持っているからと思われます。ただ、これらの成分が高血圧や静脈瘤の原因を取り去って「治す」ものではないということを理解しておいたほうが良いでしょう。

 

E 勉強ができるようになりたい人
ドーパミンが多い人は頭の回転が良いと言われていてその結果勉強が良くできるようです。八升豆はドーパミンを増やすもとが含まれているので受験など勉強の成果が問われるものに努力を重ねている受験生や資格試験にトライしている方々にとってはとても役立つものです。

 

F 筋肉を増強したい人
分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれるものは、必須アミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンの三種類で主に筋肉で代謝されます。すなわち筋肉を使った活動には必須のアミノ酸なのです。当然、筋肉を増強するにも必要なものです。八升豆にはすべての必須アミノ酸がバランス良く含まれているので運動にエネルギーを使う人や筋肉を増強したい人にはとても有効な食べ物です。

 

ドーパミン

 

G 精力を取り戻したい人
八升豆の原産地は、インド亜大陸の北方でした。そのため現地のインドでは古代アーユルヴェーダの時代から八升豆を精力剤として利用してきました。その伝統は今も受け継がれていると言われます。その当時は効果がある理由は不明でも代々の体験談の伝承で使われ続けたのでしょうが、現代の科学でそれは説明可能です。精力増強のもとは、八升豆に含まれるLドーパなのです。これは男性の睾丸で作られるホルモンのテストステロンの生成に大きくかかわる物質なのだそうです。それなら確かに効きますよね。

 

H 落ちた体力を取り戻したい人、とにかく健康で元気に過ごしたい年配者の人
年齢を重ねるごとに体力が落ちてくるのはどうしようもないことです。ただ、その下降スピードを遅くすることは可能です。それは適度な運動であり、バランスの取れた健康的な食事です。その食事の項目に付け加えたいのが八升豆なのです。

 

ドーパミン

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗