八升豆を理解して健康に役立てよう

ドーパミンを増やす八升豆を上手に使って自由に歩き回れ、思い通りに動く身体を作りましょう。そしてグッスリ眠ってすがすがしい朝を迎え毎日を笑顔で過ごしましょう。

八升豆が知られていない理由

「八升豆」という名前を聞いたことのある人はとてもまれです。八升豆は、もともとムクナ豆の一種で古くに日本に伝来して改良がなされてきた日本の在来種なのです。かつては西日本を中心に江戸時代頃まで栽培されていたそうですがすたれてしまいました。

 

なにしろムクナ豆は、古代からの生き残りの植物ですから成長がものすごく遅く春に種をまいて冬にやっと収穫できるようになります。また、一般の豆とは比較にならないくらい硬いので調理も大変です。そんな訳で栽培効率と調理の燃費効率が悪すぎて後から伝来した他の豆類に負けてしまったのではないでしょうか。

 

栽培効率も燃費効率も良くないのですたれた可能性が高い。

 

ドーパミン

 

しかし、近年になるとドーパミンは身体を動かす根本の「神経伝達物質」であることが医学的に明らかになりました。そして八升豆がドーパミンの原料のLドーパ(レボドパ)、アミノ酸チロシン、必須アミノ酸フェニルアラニンを豊かに含むほぼ唯一の豆であることが知られるようになりやっと陽の目を見るようになりました。

 

もっとも現在に至っても「満足に歩けない、思い通りに身体を動かすことができない」という切実な願いを八升豆で何とかしようとしている人たち以外にはまだまだ知られていないのが現実です。

 

ドーパミン

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗